手遅れになる前に助けてくれたクラビット|もうクラミジアとは縁切り

ニューキノロン系抗菌薬

錠剤 クラビットとは、細菌やウィルスあるいはカビの一種に含まれる真菌等を原因とした感染症の治療の目的で用いられる抗ウィルス剤とされ、感染症の中でも国内罹患率が最も多い事から処方機会を多く持つクラミジア症の療治に用いられ、原因を細菌の一種トラコマティスとしているので一日二から三回の経口内服によって症状の進行具合にもよりますが療治させる事が出来るとされます。

クラミジア症は、感染力が非常に強力ともされ、性交で感染する率は約五割とも言われ感染拡大の背景には高い感染力が有るとも考えられ、十代から二十代の若年層の特に女性の方に感染が多く自覚症状が現れにくい事が女性の方を中心に蔓延しているとされ、罹患者数は全体で100万人を超える身近にある危険と捉える事が出来ます。

原因トラコマティス菌は人の体の中でしか生存する事が出来ないとされるので、飛沫感染する事やトイレの便座あるいは公衆浴場等では感染する事は無く、性交により粘膜が感染者と直接接触する事が感染の条件と言われており、この中にはオーラルセックスが含まれるので男女問わず咽頭に感染し病巣を作り出し咽頭炎や扁桃炎等の高熱と喉に強い痛みを伴う症状が起きる事も有ります。

クラビットの成分レボフロキサシンは水和物は用量を250と500mgの二種類の単位としており、用量の増減にあたっては医師により適宜判断が行われるとし、一般的にクラミジア症の際には七日間から十四日間としており、作用としては細胞に成分が透過する事でDNAが複製されてしまう事を阻害する事で菌の増殖を防ぐとしており殺菌的な働きを齎すとされています。

同一成分を用いているジェネリックも存在しているので再発に備えて安価に購入出来る事が出来るので予備薬として置いておく事も有効と考えられ、ジェネリックの場合では殆どが500mgの用量としているので添付書等に記載されている内服方法の通りの投薬を行う必要があります。

クラビットまたはそのジェネリックにも副作用は有り、下痢の症状が続く事があるとさており胃腸が特に弱い方は胃薬を併用する事も有るとされ、ニューキノロン系とされる薬剤には光線過敏症という日光に肌が当たる事で発赤する事や場合によっては水膨れを起こす事が有るので念の為に内服期間は肌の露出を控えた方が良いとされています。